病気は不幸だなんて思うと治らない気がした。

悪性リンパ腫【AITL】30代パパのリアルがんライフ

【悪性リンパ腫】初めての抗がん剤と副作用

この記事をシェアする

f:id:kotetsupapa:20200107202320j:plain

こてつ(@Kotetsupapa7)です。

本日も当ブログにお越し頂きましてありがとうございます。

今回は抗がん剤治療とその副作用について書いていこうと思います。

まさか自分ががんになるなんて思ってもみなかったですし、身近にがんに罹患した人もいませんでした。そんな僕のがんや抗がん剤に対するイメージはテレビの報道やドラマのイメージしかありませんでした。

とてもつらい治療。髪の毛の脱毛、酷い吐き気、食欲不振など上げればキリがなさそうな程、ネガティブなイメージが出てきます。想像を絶するような、それこそ死んでしまいたくなる程に苦しいというイメージです。

治療の前に先生に今は抗がん剤も新しい薬が出てきて、かなり副作用が抑えられるようになってきた。外来での治療も可能だと言われても不安はありました。

 

では僕は実際どうだったのか?僕の受けた2つの抗がん剤治療の実体験をお話していきます。

 

よろしくお願いします。

どんな副作用があるの?

抗がん剤はがん細胞のみに作用があるわけではなく、正常な細胞にも作用します。これにより様々な副作用が出現します。

発現する副作用と発現時期をまとめてみました。

 

投与日  :アレルギー反応、吐き気、嘔吐、血管痛、発熱、血圧低下

2~7日    :倦怠感、食欲不振、便秘

7~14日  :口内炎、骨髄抑制(貧血、白血球減少、血小板減少)、感染症

14~28日:脱毛、手足のしびれ

 

症状や程度は抗がん剤の種類によっても異なりますし、個人差があります。

 

こてつのスペック

参考までに僕のスペックを書いておきます。(入院開始時)

  • 年齢 34歳
  • 性別 男
  • 身長 170㎝
  • 体重 70㎏
  • 持病 関節リウマチ
  • 病名 悪性リンパ腫【血管免疫芽球性T細胞リンパ腫:AITL】

 

抗がん剤と僕の副作用

CHOP療法

はじめはCHOP療法と呼ばれる悪性リンパ腫の代表的な化学療法からスタートしました。抗がん剤の点滴と休薬期間を合わせて1クールとします。1クールは基本的には21日です。これを6~8クール実施します。

 

CHOP療法に使用する薬の内訳です。

  • エンドキサン(点滴)
  • アドリアシン(点滴)
  • オンコビン(点滴)
  • プレドニゾロン(内服)

以上の薬の内、プレドニゾロン以外が抗がん剤です。この4つの薬にプラスしてグラニセトロンという吐き気止めとソルデム3Aという電解質や水分を補給する点滴をしました。

抗がん剤の点滴自体は全部合わせて3時間程で終了しました。プレドニゾロンは5日間、朝と昼に10錠づつ飲みます。これがツラい…量が多いのと、ニガイ…

え?これだけで終了?と思う方もいるかもしれません。1クールはこれだけで終了です。あとは副作用や体調をみながら、問題なければ1~2週間で退院して外来治療に切り替わります。

CHOP療法の副作用(こてつの場合)

CHOP療法の抗がん剤の点滴が終了したあとの僕の副作用です。

  • 軽い便秘
  • 脱毛
  • 口内炎
  • 喉の痛み
  • 骨髄抑制

以上です。便秘は長くて3日程、口内炎と喉の痛みもご飯が全く食べられない程ではありませんでした。(喉の痛みは感染症の疑いもあります)

骨髄抑制に関しては白血球は最低で100まで下がりました。(基準値は3,300~9,000程度)

僕は副作用は全然軽かったです。副作用は無かったと言っても差し支えない程に。病棟に寝泊まりする元気なおじさんでした。脱毛に関しては髪の毛は見事に抜けましたが、それ以外は抜けてないです。

 

 

f:id:kotetsupapa:20200107203848j:plain

赤い点滴(アドリアシン)

CHASE療法

僕はCHOP療法があまり効果がなかったので、途中で新しい抗がん剤治療に切り替えました。それがCHASE療法というもので、CHOP療法よりも強い抗がん剤になります。

 

CHASE療法に使用する薬の内訳です。

  • デキサート(点滴)…3日間
  • エンドキサン(点滴)…1日目
  • キロサイド(点滴)…2、3日目
  • エトポシド(点滴)…3日間

この4つの薬にプラスしてグラニセトロンという吐き気止めとソルデム3Aという電解質や水分を補給する点滴をしました。

CHASE療法の点滴は3日間行います。抗がん剤は日に5~6時間の点滴ですが、水分を補給する点滴は3日間つながったままでした。

単純に点滴の量が増えたのでCHOP療法では大丈夫だった副作用も今回は何かあるかな?とは思わされました。

 

CHASE療法の副作用(こてつの場合)

CHASE療法の抗がん剤の点滴が終了したあとの僕の副作用です。

  • 骨髄抑制

以上です。CHOP療法ですでに髪の毛はなくなっていたのでここには記載してないですが脱毛はあると思います。

直接、抗がん剤の副作用ではないですが、今回は骨髄抑制によって下がった白血球を回復させる為の注射をした際に腰が痛くなりました。この腰痛はかなりしんどかったです。寝てても、座ってても、立ってても痛くて、痛み止めもあまり効きませんでした。血球が回復する反応として腰痛はあるそうですが、CHOP療法の時はありませんでした。

今回も副作用は軽かったです。副作用は無かったと言っても差し支えない程に。またしても病棟に寝泊まりする元気なおじさんでした。脱毛に関しては髪の毛は見事に抜けましたが、それ以外は抜けてないです。

 

 

【おわりに】

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

はじめての抗がん剤はたった数時間の点滴だけで終わりました。

がんに対する予備知識がなかったので「抗がん剤ってこんなもんか」っていうのが正直な感想です。

副作用も僕個人に限った話をすれば、問題ありませんでした。ただし、個人差があるのでこればっかりはやってみないと分からないです。

 

抗がん剤治療に対するイメージは実際に経験してみると、だいぶ変わりました。

抗がん剤の副作用が怖いというイメージがあり、標準治療になかなか踏み出せない方がいるという話を聞いたこともあります。そういった方の怖いイメージを少しでも和らげることができたらいいなと思います。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村


悪性リンパ腫ランキング